対策することでインフルエンザを阻止できる

病院へはいつ行けばいいか

辛そうな人

正しい検査結果を得るには

インフルエンザウィルスへの感染が疑われる場合の対策としては、まずは病院へ行って検査を受ける必要がありますが、インフルエンザウィルスに感染しているにも関わらず、陽性の結果が得られない場合が少なくありません。これは、感染初期はまだ体内のウィルスの数が少なく、十分な陽性反応が得られないケースがあるためです。対策は早めに、と言いながら、早すぎると病気を発見出来ないというのは大きなジレンマですが、医療機関では迅速な診断を行うために、精度の高さよりもスピードを重視した検査キットを選択しているので、どうしても避けにくい問題となっています。しかも、インフルエンザに有効な薬は、症状が出てから48時間以内に投与しなければ効果が低下してしまいますので、ベストなタイミングで検査を受け、しっかり陽性反応を得て抗インフルエンザ薬を投与するという難しい初動が求められます。対策としては、感染の可能性をしっかり把握し、発症後、12時間から24時間経過した時点で医療機関で検査を受けることです。とは言え、私たちが日常生活を送る中で、いつ症状が発症したか、そこから何時間経過したかを正確に把握することはほぼ不可能でしょう。小さな子供であれば尚更把握が難しくなりますが、流行シーズンには健康に目を光らせ、異常を感じたらこまめに体温を測るといった対策を行うことが肝心です。発熱は身体の免疫反応の大きなサインですので、発熱が認められたら慌てずに、半日から1日後に検査に向かいましょう。ただし、異常行動などイレギュラーな症状が見られる場合は、迷わずすぐに病院へ行く必要があります。