対策することでインフルエンザを阻止できる

マスクの女性

毎年変わる情報を収集

インフルエンザにならないための対策としての基本は、予防接種をきちんと受けておくことです。そうすれば、もし罹患しても症状は軽くて済みます。今、流行っているかどうかの情報収集には、学校で学級閉鎖が起きていないかや、介護施設での感染は大丈夫かといったところを探す必要があります。

辛そうな人

病院へはいつ行けばいいか

インフルエンザの対策は、シーズンには健康管理に注意して、異常を感じたらこまめに体温を測ることです。発熱を認めたら、まずは慌てずに安静にして、半日から1日経過した後で病院で検査を受けると、正しい結果を得ることが出来ます。

頭の痛みが残ってしまう

ウィルス

どうすれば改善出来るのか

インフルエンザは毎年冬頃になると流行し、小学校や中学校では集団生活のために次々と感染者が出てきてしまって学級閉鎖になる事もめずらしくありません。仕事をしていても職場の人が一人インフルエンザになるとまた別の人も感染してしまったりと、感染率が非常に高いものです。インフルエンザの予防と対策はまずは必ず予防接種を受けるという事です。毎年インフルエンザが流行る頃には必ず予防接種を受けて対策をしましょう。もしもインフルエンザワクチンがどこの病院に行ってもないという状況になってしまったら、マスクをしたり手洗いうがいを徹底するなどの対策をして感染を予防しましょう。それでもインフルエンザに感染してしまう場合はあります。まず高熱が出て、全身だるくなってくるのがインフルエンザの特長です。発熱からある程度の時間が経過しないと病院で検査を受けても陽性反応が出にくいので、高熱が出てしばらくたっても良くなる気配がなければその時に病院に行き、インフルエンザかもしれないので検査をしたいという旨を伝えましょう。感染している間は高熱とだるさの他に頭痛の症状も出てきます。これはとても厄介で、インフルエンザが治っても頭痛だけがしばらく残ってしまうという人もいる程です。頭痛対策として痛み止めを一緒に処方してもらうか、市販の頭痛薬を飲むようにすると良いでしょう。高熱のために体がウイルスと戦った後でとても疲れ切っている状態でもあるので、治ったとしてもしばらくは安静に過ごす事を心がけると頭痛対策にもなるでしょう。

細菌

感染拡大を防ぐ

インフルエンザは、とても感染力が強いウィルスだと言えます。感染を予防する対策として最も重要なことは、手洗いやうがいを頻繁に行うことです。自分自身の感染を防ぐことができれば、感染拡大を食い止めることにもなりますのでしっかり意識しましょう。